1. HOME
  2. 投資法人情報
  3. スポンサーとの協働体制

スポンサーとの協働体制

協働体制の確立

本投資法人は、スポンサーを積水ハウス株式会社とし、積水ハウス株式会社が有する住宅に係る実績とノウハウを本投資法人の成長に活用する協働体制を構築しています。
この協働体制の下、スポンサーである積水ハウス株式会社との間で、商業施設の一部を住居物件と入替えるなど、ポートフォリオの質的向上及び収益性の安定化を推進してきました。
今後も積水ハウス株式会社が開発する高品質な賃貸住宅を基軸としたポートフォリオの構築を推進していきます。

運用体制等の強化

資産運用会社は、スポンサーである積水ハウス株式会社から役員の派遣を受け、資産運用会社の業務をサポートする体制を確立し、運用体制及び内部管理体制の更なる強化を図っています。資産運用会社の体制につきましては、こちらの組織図をご覧ください。

パイプラインの構築

本投資法人及び資産運用会社は、良質な住居物件の取得機会を確保すべく、スポンサーである「積水ハウス株式会社」及び積水ハウス株式会社の不動産部門(不動産販売・不動産賃貸事業)を展開する積和不動産グループのうち、「積和不動産株式会社」を初めとする7社との間で、住居物件の取得に係る優先的な情報提供等に関するパイプラインサポート契約を締結しています。

  契約締結先 主な契約内容
(1) 優先交渉権等に関する契約 積水ハウス

積水ハウス  

  • 自己保有物件等に関する優先交渉権
  • 第三者保有物件等に関する情報提供 等
積水ハウスグループ

積和不動産
積和不動産関東

(2) 優先交渉権に関する契約 積水ハウスグループ

積和不動産東北
積和不動産中部
積和不動産関西
積和不動産中国
積和不動産九州

  • 自己保有物件等に関する優先交渉権

※(1) (2) を併せて「パイプラインサポート契約」といいます。

優良住宅物件の安定的な取得機会の確保・外部成長機会の拡大

ストラクチャー

ページの先頭に戻る